さまざまなご利用のかたち

私たちが、患者さまのためにできること。1つひとつの積み重ねが、地域の未来を築きます。

日々、患者さまと向き合いながらファーコスの薬剤師は常に考えています。
「私たちが今、できることは何だろう」と。その思いを1つひとつ実現に移すことで、地域のみなさまの健康な生活を支えていける――そんな風に私たちは考えています。

「小児の服薬」や「スポーツファーマシスト」など、ファーコスが日常的に行っている小さな取り組みの中から、代表的なものを紹介します。

小児の服薬

小児科の処方せんを受け付ける際、保護者の方から「どうすれば、子どもがいやがらずに薬をのんでくれるでしょうか」という質問をいいただくことが多々あります。製薬会社が推奨している飲み方であっても、上手に飲めないケースもあります。そこで、小児の服薬の問題点を改めて洗い出し、ファーコスがお勧めする飲み方をご案内しています。また、薬局外での活動も展開しています。たとえば、幼稚園児のママさんに向けて、「子どもとお薬」と題した講演会を開催していること。小児科の処方せんを豊富に取り扱ってきたファーコスだからこそ、さまざまな事例をもとに、「保護者が知っておくべき知識と対応法」をご提供できるのです。

訪問服薬指導

スポーツファーマシスト

禁煙活動

PAGE TOP