お薬手帳について

お薬の履歴を記した『お薬手帳』が、患者さまの“安全な服用”を守り続けます。

『お薬手帳』は、患者さまが「いつ、どこで、どんなお薬を処方してもらったのか」という記録(薬歴)を残すための手帳です。複数の診療科や医療機関に通っている患者さまの場合、お薬の飲み合わせによっては、思わぬ副作用が出てしまうことも考えられます。お薬を安全に服用するためにも、『お薬手帳』をぜひご活用ください。

『お薬手帳』を患者さまに配布している理由

2011年3月に発生した東日本大震災で、多くの患者さまがお薬を津波に流されてしまいました。その後、お薬を求めて病院を訪れた患者さまの中には、お薬手帳を持っている方もいれば、持っていない方もいらっしゃいました。お薬手帳を持っていた方は、すぐにお薬を受け取ることができました。しかし、お薬手帳を持っていなかった方は、何時間も待ってようやく診察を受け、お薬をもらえたといいます。お薬手帳があれば、飲んでいる薬がすべて記録されているので、使用状況が把握でき医療チーム間の引継ぎもスムーズに行えます。

『お薬手帳』Q&A

「お薬手帳」はどのように使えばいいのですか?
医療機関で受診される際、保険証と一緒にお出しください。また、薬局で処方せんお渡しする際にも、処方せんと一緒にお薬手帳をお渡しください。市販のお薬や健康食品を購入する際も、お薬手帳をお示しください。購入したお薬や健康食品などの名前も、手帳に記録しましょう。
ほとんど薬を飲まないのですが、お薬手帳を持つ必要がありますか?
数年前に飲んだ風邪薬の種類を覚えているのは、意外と難しいもの。たまにしか飲まないからこそ、お薬手帳は重要です。
飲んでいる薬の名前は覚えているのですが、それでもお薬手帳を持つ必要はありますか?
はい、必要です。例えば災害の時や事故などで意識を失った時、お薬手帳が皆様に代わってお薬の説明(持病の説明)をしてくれます。過去に発生した東日本大震災や阪神・淡路大震災でも、お薬手帳が大変役立ちました。
現在お薬を飲んでいないのですが、お薬手帳を持つ必要がありますか?
「お薬を飲んでいない」という事実が分かることが、重要です。お薬を飲んでいない、つまり「持病が無いこと」が手帳から判断できるからです。その場合、医師は相互作用を心配せずに、お薬を処方できます。白紙のお薬手帳にも意味があるのです。
お薬手帳の賢い使い方を教えてください。
お薬を飲んだ際、感想を薬の情報に書き加えておくことをお勧めします。「副作用がでた」というマイナスの情報だけでなく「良く効いた」というプラスの情報も記録しておくと、次回の処方の際に、大変参考になります。
他の薬局で作った「お薬手帳」でも使えますか?
「お薬手帳」は全国どこの医療機関や薬局でもお使い頂けます。
いつも同じ薬をもらっていますが、「お薬手帳」は毎回必要ですか?
いつからいつまでその薬を服用しているか、という事も大切です。継続して記録しておきましょう。
お薬手帳を使う際に注意することはありますか。
医療機関や薬局ごとに複数のお薬手帳を作ると、飲み合わせのチェックができなくなってしまいます。お薬手帳は必ず一冊にして、常に持ち歩きましょう!
お薬手帳のメリットをあらためて教えてください。
  • ・お薬手帳は、現在飲んでいる薬がわかります。
  • ・お薬手帳は、過去に飲んだ薬が分かります(飲んだことの無い薬も分かります)。
  • ・お薬手帳は、時系列でお薬の履歴が分かります。
  • ・お薬手帳は、急に倒れて意識を無くしたときに自分の替りに飲んでいる薬について説明してくれます。
PAGE TOP