調剤の流れ

安全・安心、わかりやすさを第一に考え、患者さまにとって最適な「調剤」を。

ファーコスが運営する薬局では、現場の薬剤師が「今、私にできること」をキャッチフレーズに、安全・安心して薬局をご利用いただけるよう、サービスの充実化を進めています。
特に処方せんの受付から調剤、監査、服薬指導やその後の会計にいたるプロセスに関しては、ファーコスの内規にのっとって、万全の配慮を行っております。

処方せん受付・確認

ご来局くださった患者さまから、処方せんとお薬手帳をお預かりします。
初めて来局される方には、お薬を安全に安心してお使いいただくために「初回お伺い票」へご記入いただいております。ご記入いただいた情報は「薬剤服用歴(薬の服用記録)」に記録し、患者さまの薬物治療を安全にサポートできるよう役立てています。

処方監査・疑義照会

お薬を取りそろえる前に、処方せんを確認します。まずは、処方せんに記載上の不備が無いかをチェック。その後、処方せんの内容を薬剤服用歴(薬の服用記録)や初回お伺い票から、患者さまが使用できる薬かどうか、用法用量、飲み合わせなどに問題がないか確認します。ここで、疑問点・不明点があれば処方医へ疑義照会を行います。

安全に服用していただくために、ファーコスでは以下の内容を確認しています。
  • 患者さまの体質・アレルギー歴・副作用歴等
  • 患者さま又はそのご家族さま等からの相談事項の要点
  • 服薬状況
  • 残薬の状況の確認
  • 患者さまの服薬中の体調の変化
  • 併用薬等(一般用医薬品、医薬部外品及びいわゆる健康食品を含む)の情報
  • 合併症を含む既往歴に関する情報
  • 他科受診の有無
  • 副作用が疑われる症状の有無
  • 飲食物(現に患者さまが服用している薬との相互作用が認められているものに限る)の摂取状況等
  • 後発医薬品の使用に関する患者さまの意向

調剤

処方せんに従って、当社内規に基づいた正確でスピーディーな調剤を行います。
飲み忘れやの見間違いを防ぐためのご提案も行っています。たとえば、1回分のお薬を1つの袋にお入れする調剤や、錠剤の飲み込みが難しい方のために錠剤を潰してひと袋にお入れする調剤を行う事もあります。その他、患者さまのご状況に応じたお薬の調剤を行い、安心してお薬を服用していただくお手伝いを心がけております。

最終鑑査

調剤されたお薬を、再度確認します。処方監査と最終鑑査、それぞれ別の薬剤師が担当することで、調剤エラーを未然に防ぎます。

薬剤交付・服薬指導

事前にお伺いした内容や今までの薬剤服用歴(薬の服用記録)の記載内容に基づき、患者さまと会話をしながらお薬をお渡しします。1つひとつのお薬を安全に適正にご使用いただけるように、それぞれの患者さまに合わせて分かりやすい説明を心がけています。ここでも必要に応じて、処方医へ疑義照会を行います。

薬歴記載・会計

患者さまが薬による治療を行う上で必要な事項を薬剤服用歴(薬の服用記録)に記載し、大切に保管しています。これは、次回以降も安心してお薬をご使用していただくための記録です。また、お薬に関する心配ごとやお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。薬剤師が患者さまと一緒に、解決方法を考えて参ります。


なお、患者さまの個人情報の対策は十分行っておりますので、ご安心ください。
PAGE TOP