ファーコスが大切にしていること

代表挨拶

日本で「医薬分業」が本格的に導入されるようになった1992年から、20余年の月日が経ちました。医薬分業とは、薬剤師が処方せんを詳しくチェックし、薬の量や飲み合わせに問題がないことを確認した上で調剤・服薬指導すること。医師と薬剤師がダブルチェックすることで、安全性をより高めると同時に、質の高い医療を提供することができます。

医師が見立てた症状や治療法と、処方せんに書かれたお薬が合っているのか。薬のプロとしてチェックしていくことが保険薬局における薬剤師の役割であり、この役割は今後も変わることはありません。

ただ1つ変わっていくのは、患者さまと医療を取り巻く環境です。特に日本では少子高齢化が進み、ご高齢の患者さまの数が急増しています。国は「地域包括ケア」への移行を進めており、地域医療を担う保険薬局の役割はますます重要になっていくことでしょう。

ファーコスは、会社を設立した当初から在宅医療の取り組みを開始。医師と連携を図りながら、20年以上にわたってノウハウを積み重ねてきました。全国にあるファーコスの薬局が「地域の患者さまの健康」を支えていくことで、日本中の患者さまを笑顔にすることができると信じています。

ファーコスは、近隣の薬局や医療・福祉・教育機関と力を合わせて、「患者さまが最適な医療サービスを受けられる地域」にしていきたいと強く願っています。この目的を実現するためにも、ファーコスは働く環境をより一層整えていき、現場の薬剤師の気づきを形にしていけるようサポートしていきます。

ファーコスは、これからも地域の患者さまのご期待にお応えできるよう、全力で努力を続けて参ります。皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 島田光明

経営理念

地域住民の”健康な生活”の実現に向けて、ファーコスが掲げた理念と誓い。

経営理念

私たちは、医療・福祉関連事業を通じて、良質でニーズに即したサービスを提供し、
地域社会の医療と福祉の向上に貢献することを使命とします。

ファーコスの誓い
  1. (1)感謝の心、誠実な対応
  2. (2)自ら挑戦、常に前進
  3. (3)個の尊重、相互の信頼
  1. (1)感謝の心、誠実な対応
    私たちは、感謝の心とその行動が幸せや笑顔の種になると考えます。
    そのため、まずは自ら心を開き、感謝する姿勢を大切にします。
    薬局には、医療、介護、その他ライフステージに応じて多様なニーズをお持ちの方が訪れます。その一人ひとりの想いに真摯に向き合い、誠実に対応すること。それが地域から信頼される唯一の方法だと考えます。私たちは常に「先義後利」の精神で、地域の皆さまの満足や笑顔のために最善を尽くします。
  2. (2)自ら挑戦、常に前進
    自らの意思で挑戦する時は、最も高揚感が高まる時といえます。それでも未知の分野へ飛び込む時は、勇気が必要なこともあるでしょう。私たちは、果敢に挑んだ先にしか見えないものがあることを信じ、自ら考え、自ら挑戦することを大切にします。
    そして、プロフェッショナルな存在であり続けるために、妥協のない姿勢と常に成長する覚悟が必要だと私たちは考えます。一人ひとりが誇りを持ち、専門的な知識や技術を高めるとともに人間性を磨き、常に前進していきます。
  3. (3)個の尊重、相互の信頼
    私たちは、互いの価値観を認め、良好な関係性を築き、それぞれが輝いて活躍できる会社を目指します。
    社員が活き活きと働く会社は、薬局を訪れる様々な方と良い関係を築いていけるものと考えます。
    また、地域に住む皆さまと同じ生活者として心が通い、お互いが笑顔で安心できる関係でいるために、いつの時代でも顔の見える信頼関係を大切にします。
ロゴマーク

私たちの想い

地域の医療・福祉を担う一員となり、患者さまが笑顔になれる社会を築く。

私たちの目的は、医薬品や情報の提供を通じてすべての人から疾病を遠ざけ、安心して健康な毎日を過ごせるようお手伝いすることです。それは時間も場所も選びません。

私たちはその実践のために、健康や疾病、薬に関わる問題を解決できる高い専門性と、いつも顧客の立場になって考える高い感性を身に付けます。またそれを提供する際にはできるだけ顧客にご負担をかけません。

私たちはどんな時でも、顧客の求めに応じた正しい行動をすることが、私たちの薬局を訪れる皆様の信頼の源になることを知っています。

私たち自身も、自分が利することより薬局においでになる皆様が安心を感じて頂ける瞬間を何よりの喜びに感じます。そのためには自分たちの使命を自覚し、責任を果たし、困難なことにも果敢に挑戦する気持ちを持ち続けます。

私たちはこのような行動を通じて、子どもから高齢者まで広くプライマリーケアを実践し、地域社会に貢献する会社となり、すべての社員がその一員であることを誇りに思える会社であり続けます。

PAGE TOP