改善活動

従業員が自ら考え行動し、改善に繋げる。ファーコスが日常的に行ってる“小さな取り組み”。

ファーコスの改善活動とは

改善とは、手段や方法をかえて問題を解決し、より良い状態にしていくこと。「改善」を身近な多くのことで実践すると、問題を認識し解決していく“現場力”を養うことができます。ファーコスの「改善活動」は、「改善」に組織的に取り組み、情報を共有・活用していく活動です。 たとえ小さなことであっても、ファーコスでは従業員が実施した「改善」を報告しています。そしてその改善報告は、誰でも見ることができます。仲間の取り組みを参考にすることも、大いに奨励しています。改善は、職種、経験、年齢、性別等を問わず、誰もができること。特殊な能力や多くの費用がないとできないわけではありません。「自分の職場で、自分が考え、自分が行動する」――ファーコスの「改善活動」で何よりも重視していることです。 「考えること」×「人数」の大きなパワーは、ファーコスのかけがえのない財産です。

日経DI薬局ツールグランプリで最優秀賞を獲得した「お薬手帳のしおり」

PAGE TOP