調剤エラー防止活動

本社と薬局。双方の体制を整え、調剤エラーの起きない薬局に。

医薬分業は「推進」から「充実」の時代を迎えています。保険薬局も医療法改正によって、医療提供施設となりました。医療提供施設である保険薬局が、万が一“調剤エラー”を起こしてしまったら――。
それは、服薬によって健康の回復、維持を期待する国民を裏切るだけでなく、薬局の信用を落とすことにもなりかねません

調剤エラーは、薬物療法を計画通り進められない状態を引き起こします。薬物療法が適切に進められるよう、そして患者様と一緒に服薬指導・管理の充実を図れるよう、ファーコスでは常に、業務の質の改善を図っています。

1つひとつの調剤エラー事例を真摯に受け止め、隠さず報告。事例を分析して原因を突き止め、二度と起こさないための方法を検討していくことで、“調剤エラーが起きにくい体制”や“起きても軽微に留められるような体制”を整備します。

また、本社では調剤エラーを防止するため、品質管理室及び実務委員会が、薬局では薬局長及びブロック長が、それぞれリスクコントローラーの活動をバックアップする体制を整え、活動の強化を図っています。

本社

品質管理室

(調剤エラー防止実務委員会がバックアップ)


  • 「リスクマネジメントマニュアル」の作成・更新
  • リスクコントロールレポートの収集とフィードバック、各薬局への情報提供
  • 調剤過誤等に関する情報や報道を提供し、薬局における業務の見直しや類似事例の防止を促します。
  • 薬局利用者の安全性が確保される薬局サービス体制整備をサポートします。

薬局

リスクコントローラーをはじめ、全スタッフ

  • 医療安全管理指針、調剤内規およびリスクマネジメントマニュアルに基づき、業務運営体制を整備します。
  • リスクコントローラーは薬局内の調剤エラー防止活動を推進し、リスクマネジメントに関する会議を実施します。
  • 主体的に処方監査を行い、必要に応じて疑似照会を行います。積極的に服薬指導を行い、患者さんにとって安全な薬物療法を支援します。
  • 万一、調剤エラーが見られた場合はリスクコントロールレポートに記録し、再発防止に活かします。
PAGE TOP